前へ
次へ

洒落た外構工事を楽しもう

エクステリアと聞けばおしゃれに聞こえますが、外構工事と聞けば、重厚(危険)がある風に聞こえます。しかし、外構工事では生け垣・塀・フェンスづくりも指しており、洒落たアクセントに、通る人、見る人を楽しませるなど、建物を囲いながらも楽しめる工夫を施すことができる工事もあります。かける費用がないのなら、DIYができないものでしょうか。自分でできるのは手入れ、既製品の購入などに留まり、工事は業者に任せましょう。今、外構工事で生け垣をつくることにより補助金が出ることをご存じでしょうか。住環境に優しい外構工事ともいわれており、緑は目にやさしく、湿気を蒸散させる風通しもあって注目されています。メンテナンスも必要で、自分で手入れができる『高さ・幅』を考えましょう。ちなみに、全部を生け垣にせずに、デザインの工夫も業者との打ち合わせで可能になります。手入れのない塗り壁、タイル張りの壁を組み合わせるだけで、圧迫感もなくなり、素材や色違いでリズム感も演出でき、緑の生け垣だけでは得られない軽快さも出てくるのではないでしょうか。

Page Top