前へ
次へ

外構工事におすすめの季節

玄関周りやガレージ、庭造りなどの外構工事は、どのシーズンにするのがベストなのでしょうか。外構工事は言うなれば家の外部分です。やはり天気が良い季節が、工事には向いています。最も避けたいのは、梅雨時期です。外構部分の工事をするにあたって、雨は大敵です。雨の日は工事ができないことも多く、工期が延びてしまうのも大変でしょう。夏場や春先も、台風や突然のスコールに襲われる可能性もあります。雨のリスクから考えれば、11月頃が外構工事には最も適していると言えます。雪の少ない季節であれば冬も良い気がしますが、コンクリートを敷く工事に関しては寒いシーズンはおすすめしません。温度が低すぎるとコンクリートの仕上がり具合に影響が出るので、合材温度管理をしっかりおこなう必要が出てきます。ただし春夏よりも冬場は工事が少ないので、業者を押さえやすいというメリットはあるでしょう。とは言え、今や工事の技術も高くなりさまざまな工法や高品質の材料が開発されています。実績豊富なきちんとした業者であれば、一年を通して工事は可能です。業者とよく相談して、適切な季節を選ぶようにしましょう。

Page Top