前へ
次へ

外構工事におすすめの季節

玄関周りやガレージ、庭造りなどの外構工事は、どのシーズンにするのがベストなのでしょうか。外構工事は言

more

外構工事にかかる費用を減らすコツ

外構工事は多くの費用がかかりどの業者に依頼するか迷うものですが、見積もりの内容を比較してから安くなる

more

外構工事には様々な種類があります

近年人気の外構工事ですが、一口に外構工事と言ってもその内容は様々にあります。その最も代表的なものは門

more

外構工事では距離感も大切

外構工事とエクステリアって意味合いが違うのでしょうか。しかし、ボーダーラインもほとんど無くなり、今は、住宅でいえば玄関まわりからを外構と指していて、駐車場やポーチなどを造作する家主が増えているともいいます。自宅の敷地から一歩外の世界を繋ぐ、いわゆる切り替える場所でもあり、狭小地であっても距離感を演出することは重要でしょう。面積が少なく、外まわりもないのは残念です。例えば、アプローチを最短距離にしてしまわず、少し遠回りになるように外構工事を考えてみるのもありでしょう。また、庭石と植栽で建物と一体感のあるアプローチを造ることも比較的可能です。距離をつくるとはいっても、段差や塀、植栽など、いくつかの要素を組み合わせることにより、領域や奥行き感が出ます。狭小地の住宅では、玄関を開けたらすぐに道路という立地も少なくないでしょう。通行人とも距離が近くなりますし、なかなか気まずいものです。しかし、玄関のカギをいじり、泥棒が進入することは少ないかもしれません。外構工事では家族や来客がどのようなシーンを体験して玄関に至るのかを考えてみるのが、失敗しないコツだともいいます。家族にとっては、癒しや安心感があったほうがいいでしょう。『ほっとする』ような演出もおすすめです。来客には少しの時間だけでも、玄関までの距離を楽しませることがおすすめで、カーブやクランクのある動線をおすすめします。そうすれば、さらに奥には何があるのかという期待感を持たせることができるからで、遊び心ある我が家に招待することができます。短距離で玄関に到着するのは、持ち家ならば味気ないものです。物理的に長くする工事を相談してみましょう。歩く経路を観察してみて、高さの異なる植栽、塀や門の配置を考えてくれます。住宅の外観は、街並みをつくる意識も家主には必要で、景観にはしっかり配慮してみましょう。そうした空間デザインを得意とする施工会社がたくさんあります。

戸建て・マンションどちらにするか迷ってしまう
アンサー俱楽部があなたに合った住まいをご提案しますので、まずはご相談にお越しください

多くの住宅ローンを通してきたノウハウを提供!
お客様それぞれの状況に合わせた戦略を無料で提案します

地域工務店「井上地所」
橿原での注文住宅建設は当店まで

注文住宅ならヤマカ木材|一宮市・春日井市・稲沢市・清須市・江南市でも建設中
岐阜の地元から愛知県の皆様に素敵な住宅をお届けしています

どうしても審査に落ちてしまう
住宅ローンの専門家に相談してみましょう
なぜ落ちているかから、審査がどうやったら通るのかを教えてくれますよ

Page Top